このサイトは、日本リハビリテーション医学会近畿地方会員(医師)向けのページです。
一般の方向けの内容は 日本リハビリテーション医学会 の「一般の方へ」をご覧下さい。


「日本リハビリテーション医学会員は原則として勤務地の所在する県の地方会組織に所属するものとする」との規則(日本リハビリテーション医学会地方会組織に関する規則)に基づき、近畿地方会(滋賀県,京都府,大阪府,奈良県,和歌山県,兵庫県)会員向けに作成しています。


What's New
2017年2月10日 トップページ」に「第42回学術集会及び専門医・認定医生涯教育研修会」の情報を掲載しました。
過去の研修会・学術集会」に「専門医・認定臨床医生涯教育研修会」「奈良県医師会リハビリテーション医部会」「京都府立医科大学リハビリテーション医学教室後援会セミナー」の情報を掲載しました。
2017年2月6日 地方会カレンダー」「研修会・学術集会」の「第42回学術集会及び専門医・認定医生涯教育研修会」の情報を更新しました。
地方会カレンダー」「研修会・学術集会」に「第60回専門医・認定医生涯教育研修会」の情報を掲載しました。
2017年1月30日 その他の研究会・研修会」に「京都府立医科大学リハビリテーション医学教室後援会セミナー」「第44回日本生体電気・物理刺激研究会」を掲載しました。
過去の研修会・学術集会」に「第8回リウマチ手足の外科研究会」の情報を掲載しました。
Newsletter」を更新しました。
役員一覧」を更新しました。
2017年1月13日 Newsletter」に「平成28年度 第2号(通巻第25号)」を掲載しました。
2016年12月26日 近畿地方会誌(会員専用)」に「リハビリテーション科診療 近畿地方会 2016年第1号(通巻第16号)」を公開しました。

第42回学術集会及び専門医・認定医生涯教育研修会

日 時 2017年3月4日(土) 12:30〜17:45
会 場 ピアザ淡海(滋賀県立県民交流センター) 大会議室
〒520-0801 滋賀県大津市におの浜1-1-20
TEL:077-527-3315
JR大津駅から京阪・近江バスなぎさ公園線 約8分「ピアザ淡海」下車 またはJR膳所駅から徒歩約12分。
詳細1 E-mailにて 滋賀医科大学 川崎 拓 宛(メールアドレス hqortho@belle.shiga-med.ac.jp)まで所定の様式にてお送りください。
必ず受信確認の連絡を1週間以内にいたしますので、万一受信確認の連絡がない場合には、下記まで電話連絡をお願いいたします。

⇒滋賀医科大学整形外科学講座 担当秘書:佐野 TEL 077-548-2252

演題受付:2017年1月16日(月) 必着
認定単位:10単位(筆頭演者はさらに年度末自己申請により1演題10単位)
発表形式:Mac PCご使用の方は、必ずご自身のPC・アダプターをお持ち下さい。
Windowsの方は、PCでもUSBメモリーでも受付可能です。
ソフトはPower pointにてご作成下さい。
動画をご使用の場合は、ご自身のPCをご持参下さい。
申込様式 演題申込書【Word】
詳細2 1.「脳障害者の自動車運転について」
滋賀医科大学社会医学講座 法医学部門 教授 一杉 正仁 先生

2.「スポーツによる脊椎・脊髄損傷」
京都府立医科大学大学院医学研究科 リハビリテーション医学 病院教授 三上 靖夫 先生

3.「Fast Trackを極める、心臓血管外科手術の心臓リハビリテーション」
滋賀医科大学外科学講座 心臓血管外科 教授 浅井 徹 先生
認定単位 30単位
参加費 2,000円
受講料 3,000円(30単位一括)
担当幹事 川崎 拓
[ 滋賀医科大学整形外科学講座・リハビリテーション科 ]

※この日は日本整形外科学会の単位発行もございます(1演題1単位:1,000円)。
 以下の分野にて単位取得が可能となります。
  演題1 [13]リハビリテーション(理学療法, 義肢装具を含む)
      (Re)運動器リハビリテーション単位
  演題2 [7]脊椎・脊髄疾患
      [13]リハビリテーション(理学療法, 義肢装具を含む)
      (S)スポーツ単位
  演題3 [1]整形外科基礎科学
      [13]リハビリテーション(理学療法, 義肢装具を含む)
      (Re)運動器リハビリテーション単位
◆受講について◆
デジタル化による単位登録のみとなりますので、必ず日整会IC会員カードをご持参下さい。
◆受講証明書◆
紙による受講証明書は発行されません。
かわりに、学術集会終了後、1週間程度で、日整会ホームページの「単位振替システム」の
単位取得履歴一覧に先生の受講された講演が表示されます。



▲このページのTOPへ戻る